高島神社について

日本伏羲廟 6500年前のいにしえより伝わる、文明の神々を祀る、開運の聖地

高島神社とは、宗教、宗派を越えて「易は人の運命を観るだけではなく、人を救う道でなければならない。」という信念から、易学の始祖であり、中国の文化始祖である、太昊伏羲を祀るために建立された、日本で唯一の太昊伏羲を御神体とした開運祈願神社です。
台湾の台北市に創建されていた伏羲廟から、御霊をいただき建立し、中国甘粛省天水市にある、伏羲本廟からも認可されている日本では唯一の神社です。

世の中には不運の人が沢山います。交通事故で死亡する人、怪我をする人、現代の医学では治らない人、子供の非行や問題、自殺、仕事を転々とする、夫婦不和、結婚問題、仕事の不運、対人関係、災難を受ける人など、不運を嘆いて悩み苦しんでいる人が多数います。それはその人がそうなっていかねばならない、何らかの運命上の理があるからです。何もしないでただ神様仏様に、自分の都合の良いお願いをしたのでは決して運命は良くなりません。お坊さんにだったら誰でも変えられるという訳ではありません。
運命の摂理に基づいて開運祈願をしている神社は「高島神社」しかありません。祈願は宗教や宗派を越えて行いますので、現在入信している宗教とは関係ありません。どなたでもお気軽にご参拝いただくことが出来ます。ぜひ一度ご参拝下さい。
(交通につきましては所在地ご案内をご覧下さい。)

イメージ 高島神社特別鑑定 各種祈祷

人生相談
易断
家相診断・家相相談
姓名判断・命名・改名
九星気学
四柱推命
鑑定会について

家相厄除け・方災厄除け・
時期厄除け・土地の浄霊・地鎮祭・
良縁・子宝・合格祈願・
各種運気向上・開運・商売繁盛・
その他

イメージ

◇中国伏義廟
1940年創建の廟で、年祭は中国の無形文化財に指定されており、政府主催で行われ、多くの人々が訪れる。

イメージ

◇台湾伏義廟
台湾伏羲廟の主持 薛炎助氏は中国伏羲本廟においても、重要の祭人として尊ばれています。
台湾の人々は薛炎助氏を通しての伏羲の助言を聞きに毎日たくさんの人々が薛炎助氏の元に訪れます。

高島神社の神々

高島神社には、下記記載の神様を含めご利益の異なる15体もの神々が祀られており、様々願い事をその目的に応じた神様にお願いすることができます。

太昊伏羲:開運・改運の神福徳正神:金運の神神黄:仕事運の神女過娘娘:子宝・良縁の神無懐:健康・長寿の神文昌帝君:学問の神

ページ先頭へ

高島易断 神聖館トップページ > 高島神社について